2017年12月22日号

冬至の楽しみ


 12月22日は、季節の移り変わりを表す二十四節気の「冬至(とうじ)」。北半球ではこの日が一年のうちで最も昼の時間が短い。ということは、この日を境に徐々にまた日が長くなる、明るさが増してくる。現実にはこれからが冬本番なのはわかっているけど、昔も今も、寒い北国ほど冬至の日は特別な日…


 冬至は「一陽来復(いちようらいふく)」ともいうのだそうだ。広辞苑によれば「①陰がきわまって陽がかえってくる日。陰暦11月または冬至の称。②冬が去り春が来ること。③悪いことばかりあったのがようやく回復して善い方に向いてくること。」だという。「新年」のことをいう場合もあり、「一陽来“福”」などのシャレたりもするが、いずれにしても、春に向かう節目の、めでたい日なのだ。


 夏至(げし)は、太陽が南の空に来た時、1年で一番高く上がる日で、昼が最も長い。冬至はその逆。夏至や冬至は世界各地で大切な日とされていて、例えば英語では冬至は「Winter Solstice=ウインター・ソルスティス=」(夏至…サマー・ソルスティス)というそうで、「Happy Winter Solstice」などという挨拶文も交わされたりするとか。いずれにしても、この日を境に再び日が長くなり始めて、春に向かう…。


 カボチャを漢字で書くと南瓜(なんきん)。陰(北)から陽(南)へ向かう縁起のいい食べ物で、運気が上がるのだとか。ビタミンAやカロチンが豊富で、風邪や中風(脳血管疾患)予防に効果的。長期保存がきき、冬に栄養がとれる賢い食べ物でもある。それに小豆(あずき)を使った「冬至粥(とうじがゆ)」は冬至を祝うごちそう。栄養豊かなカボチャで運気が上がり、小豆の赤は邪気を祓(はら)うといわれる。…そして、すぐクリスマス。明るい春に向かって「善い方に向いてくる」のだ…


ランキング1位スイーツ

トラックバックURL:

« 部活動、いま… | TOP

[PR]SEO対策済みテンプレート