2018年01月12日号

あしたも晴れ!人生レシピ「名曲“異邦人”を超えて~音楽宣教師 久米小百合~」


 NHK・Eテレ1月12日(金)20時~20時44分=


 自分で作詞作曲したデビュー曲「異邦人」(1979)が144万枚を超える大ヒット、一躍スターとなった久保田早紀さん(59歳)。現在は本名の「久米小百合」さんとして活躍するその姿を取り上げる。21歳でスポットライトを浴びたが、音楽家としてのポリシーもなく、薄っぺらな自分を痛感していた。


 悩み抜き、芸能界を5年で引退。ある日、たまたま教会で流れる賛美歌が耳に入り、幼いころから教会で歌っていた自分の音楽のルーツが蘇(よみがえ)る。結婚し、専業主婦をしていたが、「音楽の経験を生かしたら?」という周囲からの声で、チャペルコンサートなどでゴスペルなどを歌うようになった。もう絶対歌わないと封印していた「異邦人」への見方も変わり、「自分を縛ってきた歌」から「長く愛してもらっている歌」と思えるようになったという。東北被災地活動として楽器提供や無償で音楽も教えるなど活動は幅広い。


ロイズ チョコレート

トラックバックURL:

« 「アンナチュラル」《新》 | TOP

[PR]SEO対策済みテンプレート