2018年01月12日号

映画「もうろうをいきる」札幌上映会

目や耳に障害がある人たちを全国各地に訪ねる… 1月21日、かでると教文で

 指で触れあうことで世界とつながり、地域で支えあいながら暮らしている、目や耳に障害を抱える人たち、盲ろう者を全国各地に訪ねた映画「もうろうをいきる」の札幌上映会が1月21日(日)午前、午後、夜の計3回行われる。午前9時50分~昼12時の日本語字幕版(手話通訳士も迎える)、午後1時20分~3時30分の音声ガイド版はそれぞれかでる2・7(北2西7、植物園正門前)で、午後7時~8時45分の日本語字幕版は札幌市教育文化会館(北1西13)で上映。参加費は高校生以上1500円、小中学生800円。障害者割引料金もあり。事前申し込みが必要(午前、午後は各先着60人、夜は120人)。


 北海道初上映。監督は学生団体SEALDsの活動を追った「わたしの自由について~SEALDs2015~」で大きな注目を集めた西原孝至氏。不安を抱えながら手探りで新しい一歩を踏み出そうとしている人々の姿を、柔らかいまなざしで見つめている。


 申し込み・問い合わせ/想ふ映画館・廣野さん【TEL】090―1388―1820。


ランキング1位スイーツ

トラックバックURL:

« エルプラザで「笑いヨガ体験会」 | TOP | 網走市・流氷観光砕氷船「おーろら」運航 »

[PR]SEO対策済みテンプレート