2018年02月16日号

アシリベツの滝で氷瀑

滝野すずらん公園 2月18日にはイベントも

 滝野すずらん丘陵公園(南区滝野247)で、園内にある「アシリベツの滝」の氷瀑(ひょうばく)はまだまだ見頃。渓流口駐車場から約1・1kmほどにある高さ26mから落ちる滝が低温で凍り、自然が作り出す迫力ある光景が広がっている。滝までは新雪の中に残る前の人の足跡をたどって歩く“ツボ足”で20分程度。専用コースでの歩くスキーやスノーシューでも行くことができる。


 アシリベツの滝は厚別川本流を水源とする“雄滝”と清水沢川からの“雌滝”で成り立ち、日本の滝百選にも選ばれている。


 2月18日(日)午前10時~午後3時には「森フェス~2018winter~」も開催。斜面を使った「第5回尻滑り選手権」やライブステージ「おとのひろば」、輪になっていろいろな楽器を鳴らす「ドラムサークル」、多彩な雪遊び、森遊びが楽しめる「冒険あそび場きのたんの森SP」などが行われる。


 同公園は、200mロングコースのチューブそり、スキー・スノーボードなど雪と触れ合い、遊べる「滝野スノーワールド」を3月31日(土)まで開催中。冬季間の入園無料だが、車の場合、普通車は410円の駐車料金がかかる。


 問い合わせ/滝野公園案内所【TEL】592―3333。


ベーグル

トラックバックURL:

« 札幌市医師会医学会の特別講演 | TOP | 倶知安町・雪トピアフェスティバル2018 »

[PR]SEO対策済みテンプレート