2018年02月23日号

ミニ演奏会「大切な人へ捧げる音楽」も

三岸好太郎美術館50周年・リニューアル記念展覧会開幕 2月24日、午後2時から

 展覧会とともに音楽をどうぞ……開館50周年・リニューアル記念展覧会「mima 明日へのアーティストたちとともに~夢魔とポエジイ~」(2月24日~4月11日)が開幕する三岸好太郎美術館(愛称mima…ミマ)では、午後1時30分からの記念式典に引き続き、若手演奏家によるミニ・リサイタル「大切な人へ捧げる音楽」を2月24日(土)午後2時~3時、同美術館・1階展示室(北2西15、知事公館北側・地下鉄西18丁目駅4番出口8分)で行う。コンサートは展覧会観覧料で楽しめる。観覧料は一般510円、高大生250円。中学生以下65歳以上、障害者手帳がある人などは無料。


 出演は、ソプラノ・五十嵐麻実、オーボエ・葛西梓乃(しの)、ピアノ・小板橋沙里(こいたばしさり)。演奏曲は、シューベルト「岩の上の羊飼い」、フランク「天使の糧を」、ポンキエッリ「カプリチオ」、プッチーニ「歌劇『蝶々夫人』より“ある晴れた日に”」、木下牧子「おんがく」――。


 記念展覧会「mima 明日へのアーティストたちとともに~夢魔とポエジイ~」は、「飛ぶ蝶」をはじめ同美術館所蔵の三岸好太郎作品約30点と、現在活動中の6人(佐藤綾香、佐藤菜摘、鈴木隆文、新田のんの、舩岳紘行、山﨑愛彦)の絵画約40点を展示している。


 問い合わせ/北海道立三岸好太郎美術館【TEL】644―8901。


プラセンタ

トラックバックURL:

« Blanc Pierre(ブラン・ピエール)~フルートとバストロンボーンによる午後のひととき~ | TOP | さっぽろ人形浄瑠璃芝居あしり座公演「人形浄瑠璃」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート