2018年03月09日号

「人と動物の”ほどよい”距離感」

北海道大学・コーステップ修了式公開シンポジウム 3月10日、北海道大学

 北海道大学・コーステップ修了式公開シンポジウム「遠くて近きは――人と動物の“ほどよい”距離感」が3月10日(土)午後1時~4時(開場・受付昼12時30分)、北海道大学工学部・フロンティア応用科学研究棟2階・レクチャーホール=鈴木章ホール=(北13西8、地下鉄北12条駅7分の北13条門よりイチョウ並木を通って工学部施設群へ)で開催される。参加無料。参加申し込みは「北海道大学コーステップ」ホームページか問い合わせを。


 登壇者は…▽北大大学院・池田透教授(都市に進出するキツネの生態の研究、害獣としての性格も持つアライグマの生態解明・防除に取り組む)▽日本自然保護協会生物多様性保全室長・出島誠一氏(群馬・新潟県境の国有林「赤谷の森」で、生物多様性復元プロジェクトの運営を担う)▽大西純子氏(イヌ・ネコの殺処分ゼロを支援する「ピースワンコ・ジャパン」プロジェクトのリーダー。災害救助犬やセラピー犬、さらにイノシシやサルから農作物を守る「里守犬」の育成などにも取り組む)▽司会=北大コーステップ・池田貴子特任助教(エキノコックス疫学の観点から、都市や里山に生息するキツネの生態を研究)――。


 問い合わせ/北海道大学コーステップ事務室【TEL】706―5320。


ジャムウ ソープ

トラックバックURL:

« 「メンタルヘルスと認知行動療法」 | TOP | ロビーに桜の花「桜フェア2018」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート