2018年03月23日号

坂口安吾作品の朗読とミニ演奏会

ふたりしずか文芸館 3月25日、エルプラザ

 ピアノの演奏とともに、坂口安吾の作品を楽しむ大人のための朗読会「ふたりしずか文芸館」が3月25日(日)午後2時30分~4時30分、札幌エルプラザ・3階音楽スタジオ1(北8西3、JR札幌駅北口3分・地下通路直結)で開催される。参加費1500円(ブーケとお菓子のプレゼント付)。チケットは教文・大丸・道新各プレイガイドでも発売中。電話でも予約できる。主催は朗読ユニット「ふたりしずか」。収益金の一部は「本の未来基金」に寄付されるという。


 朗読作品は、坂口安吾夫人・坂口三千代作「クラクラ日記」より闇市にて(朗読・村田ひろ美)と、坂口安吾作「桜の森の満開の下」(朗読・熊谷百合子)。伊藤希代子さんのピアノでミニコンサートも催され、「亜麻色の髪の乙女」「トロイメライ」ほかが演奏される。


 申し込み・問い合わせ/ふたりしずか・熊谷さん【TEL】090―6217―7067。


健康サプリ 福袋

トラックバックURL:

« 合唱団えぽあ定期演奏会 | TOP | いろりばたの「大人が楽しむおはなし会」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート


-->