2018年05月18日号

「認知症予防コグニサイズについて」

札幌ひばりが丘病院で健康教室 5月24日、午後2時から

 札幌ひばりが丘病院の健康教室「認知症予防コグニサイズについて」が5月24日(木)午後2時~、同病院4階デイルーム(厚別中央3条2丁目、国道12号線沿い)で行われる。教室は1時間程度。参加無料。当日直接会場へ。


 講師はリハビリテーション科中野渡靖さん。コグニサイズとは、国立長寿医療研究センターが開発した運動と認知課題(計算、しりとりなど)を組み合わせた認知症予防を目的とした取り組みの総称を表した造語で、英語の認知(Cognition)と運動(Exercise)を組み合わせている。運動で体の健康を促すと同時に、脳の活動を活発にする機会を増やし、認知症の発症を遅延させることが目的だという。


 教室では講義に加え、実技も行うので動きやすい服装で…。


 問い合わせ/ひばりが丘病院【TEL】894―7070。


お取り寄せ 送料無料

トラックバックURL:

« 「アダージョ&アレグロ ドイツロマン派の真髄」 | TOP | 症状ごとに講演会「困ったときの神経内科」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート