2018年06月22日号

1万発が夜を彩る「第2回えべつ花火」

全国12の有名花火師が参加、ヨサコイやライブ、屋台も 7月15日、江別市角山

 「第2回えべつ花火」が7月15日(日)午後3時~9時30分、江別市角山で開催される。入場チケットは今回から完全前売制でチケットぴあほか、江別市民活動センター・あい(野幌町10―1、イオンタウン江別2階)でも販売中。入場料は一般スペース高校生以上2000円、小・中学生500円、駐車券付きペア椅子席10000円。


 開場は午後1時。3時にオープニングの花火打ち上げの後、3時15分から江別市内大学サークルなどのヨサコイソーラン、5時から桜庭和などのライブイベントが行われる。7時からは子供花火(小学生先着50人)。7時30分からの花火大会は、テーマ別に6幕、合計約1万発で構成。ヨサコイとのコラボや長野市の「紅屋青木煙火店」、水戸市の「野村花火工業」など全国から集まった12の有名花火師(店)の競技大会も行われる。


 地元の飲食店など20店が出店する焼きそば、海鮮焼きなどの屋台コーナーの営業は午後3時~9時。当日は、夕鉄バスターミナル野幌営業所~JR野幌駅南口~会場のシャトルバスも運行される。また、駐車については会場には一般車両は駐車できないので、近隣の有料駐車場の利用とのこと。詳細はホームページで確認を。


 問い合わせ/えべつ花火実行委員会【TEL】887―8733。


浴衣 福袋

トラックバックURL:

« 「脊柱側弯症」の講演と相談 | TOP | 「親子でたのしく遊んで学んで!」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート