2018年06月29日号

高齢化社会の行く末、フレイル予防…ほか

札医大公開講座…「地域包括ケアシステムってなんだろう?」 7月13日、札幌医大

 札幌医科大学保健医療学部の公開講座「地域包括ケアシステムってなんだろう?―住み慣れた地域で充実した生活を!―」が7月13日(金)午後1時30分~4時30分、札幌医科大学臨床教育研究棟講堂(南1西16)で開かれる。受講料は無料。7月6日(金)までに申し込みを。


 当日のプログラムは次の通り。▽講演1「高齢化社会の行く末とからだの虚弱化(フレイル)予防」(午後1時40分~2時20分、講師は同学部理学療法学科の古名丈人教授)▽講演2「人生の最後を自分らしく暮らす―地域緩和ケアについて―」(午後2時25分~3時5分、講師は同学部看護学科の長谷川真澄教授)▽講演3「認知症の人の社会参加とリハビリテーション」(午後3時10分~3時50分、講師は同学部作業療法学科の池田望教授)―。


 申し込みは〒住所、氏名、年齢、電話番号を明記し、FAX、電子メール、ハガキで。


 問い合わせ/同学部教務課【TEL】611―2111。


エヴァンゲリオン CD

トラックバックURL:

« 市民公開講座「平成とは何だったのか」 | TOP

[PR]SEO対策済みテンプレート