2018年06月29日号

「いま『報道の自由』を考える」

植村裁判口頭弁論…報告&元NHK・永田浩三氏講演会 7月6日、エルプラザ3階

 元朝日新聞記者・植村隆さん(元北星学園大学非常勤講師)がジャーナリスト櫻井よしこ氏と新潮社などを名誉棄損で訴えた植村裁判札幌訴訟第12回口頭弁論が札幌地裁805号法廷(大通西11、地下鉄西11丁目駅1番出口3分)で行われ=7月6日(金)午後2時開廷・傍聴券は1階受付で並び順に抽選=、原告・植村隆さんの最終陳述と弁護団の最終弁論が予定されているが、植村裁判を支える市民の会主催の「報告集会」と、元NHKプロデューサーで武蔵大教授の永田浩三さんを講師に迎える講演会「いま『報道の自由』を考える~不信と憎悪の時代に~」が当日7月6日(金)午後6時30分~8時30分、札幌市男女共同参画センター「札幌エルプラザ」3階ホール(北8西3、JR札幌駅北口3分・地下通路直結)で行われる。いずれも参加無料。当日直接会場へ。


 報告集会には、弁護団と原告の植村隆さん、ジャーナリストで同支える会共同代表の北岡和義さんが参加。講演を行う元NHKプロデューサー・永田浩三さんは、NHKスペシャル、クローズアップ現代などを制作し、「ETV2001」の編集長として番組改変事件に関わったという。


 問い合わせ/(主催)植村裁判を支える市民の会・山本さん【TEL】090―9755―6292。


microSDHC 32GB

トラックバックURL:

« 「子ども食堂・地域堂」から見た地域活動 | TOP

[PR]SEO対策済みテンプレート