2018年07月06日号

第29回えべつやきもの市

街並みがまるごと売り場に大変身! 7月14日~15日、JR江別駅周辺

 平成2年の第1回から29年目を迎える北海道最大規模の陶芸イベント「えべつやきもの市」が、プロ・アマチュアを合わせて全道51市町村から268店が集結して、7月14日(土)~15日(日)、江別駅前の街区を会場に開催される。

コミュニティセンター周辺


 【14日(土)】


 ☆れんがドミノ(13時5分頃、コミュニティセンター横)=2018個のレンガを使用して、屋外で行われるやきもの市の名物イベント「れんがドミノ」。地元近隣企業からも参加する。


 ☆ドミノ使用済れんが販売(14時頃~、駅前三角公園周辺)=使用したレンガを1個70円(税込)で販売。


 【両日】


 ●江別のあれこれ特産品コーナー 江別の特産品のほか友好都市の土佐市の特産品を販売。江別の地酒「瑞穂のしずく」やハルユタカを原料に使った地ビールも販売。


 ☆江別駅周辺散策による名所案内(両日①11時②14時、コミセン正面入口集合)=江別観光ボランティアガイドによる江別駅周辺の散策。明治時代から昭和初期の建物群の解説や江別の歴史探訪など。


 問い合わせ/えべつやきもの市事務局【TEL】391―2160(開催当日も有効)。

セラミックアートセンター


 ◆『東京国立近代美術館工芸館名品展「多彩なる近現代工芸の煌(きら)めき」』(有料) 東京国立近代美術館工芸館の膨大な収蔵品の中から、陶芸・ガラス・漆工・竹工・染織・人形・金工の各分野を代表する珠玉の名品を展示。


 ◆第12回クラフトマーケット 14日(土)~15日(日)10時~16時30分、エントランスロビー。江別市内および近郊在住の工芸作家による木工やガラスなど、手工芸品の展示即売会。


 ◆陶芸・絵付け体験 江別市セラミックアートセンターでは、手びねりで形を作る陶芸体験、絵付け体験を行う。どちらも受付は①10時②13時30分。作業時間は1時間~1時間30分程度で、材料費は陶芸体験が700円、絵付け体験は800円。作品はセンターで乾燥・焼成し、後日受け取れる。


 問い合わせ/江別市セラミックアートセンター【TEL】385―1004。

アートスペース外輪船


 ◆第10回外輪船アート展「アイヌ刺繍(ししゅう)&韓国ポジャギコラボ展」(ホール)、「盆栽・石展」(和室) 14日(土)~16日(月)10時~16時30分。入場無料。


ICレコーダー SONY

トラックバックURL:

« パシフィック・ミュージック・フェスティバル=PMF2018演奏会ダイジェスト《7月13日までの演奏会日程》 | TOP

[PR]SEO対策済みテンプレート