2018年08月10日号

NHKスペシャル「ノモンハン 責任なき戦い」


 NHK総合テレビ8月15日(水)19時30分~20時43分=


 79年前、モンゴル東部の大草原で、日ソ両軍が激戦を繰り広げたノモンハン事件。ソ連軍が大量投入した近代兵器を前に、日本は2万人に及ぶ死傷者を出した。


 作家・司馬遼太郎が「日本人であることが嫌になった」と作品化を断念した、この戦争。情報を軽視した楽観的な見通しや、物量より優先される精神主義など、太平洋戦争でも繰り返される“失敗の本質”が凝縮されていた。しかし軍は、現場の将校には自決を強要した一方で、作戦を主導した関東軍のエリート参謀たちはその後復帰させ、同じ失敗を重ねていった。


 NHKは、ロシアで2時間に及ぶソ連軍の記録映像を発掘。戦場の実態を現代によみがえらせる。さらに陸軍幹部の肉声テープも入手。敗北はどのようにして隠されたのか。映像と証言から迫る。


クッキングトイ

トラックバックURL:

« さわやか自然百景「北海道 ユルリ・モユルリ島」 | TOP | 「今日は一日“久石譲”三昧」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート