2018年08月24日号

「緩和ケアについて知って、自分らしく…」

札幌保健医療大学公開講座…看護学科・小島悦子教授 9月1日、紀伊國屋札幌本店

 日本人の2人に1人が生涯のうちに「がん」に罹(かか)ると言われています。医学の進歩により「がん」は不治の病ではなくなりつつあるとはいえ、北海道でも、死亡原因の第一位は「がん」なので、決して他人事ではありません。「緩和ケア」は、これからがん治療を受けるとき、からだやこころのつらさをやわらげ安心して生活できるようにサポートするケアです。あなたやあなたの大切な人のために「緩和ケア」の考え方について学ぶとともに、これからの人生を自分らしく生きる方法について一緒に考えてみませんか?(案内より)……札幌保健医療大学第8回公開講座「緩和ケアについて知って、自分らしく生きよう!」が9月1日(土)午後2時~3時30分、紀伊國屋書店札幌本店・1階インナーガーデン(北5西5、大丸百貨店西向かい)で開かれる。入場無料。当日直接会場へ。


 講師は同大学看護学科・小島悦子教授。


 問い合わせ/紀伊國屋書店札幌【TEL】231―2131。


嵐 CD

トラックバックURL:

« 野幌神社の例大祭 | TOP | 骨粗鬆症、ロコモを防いで寝たきり防止 »

[PR]SEO対策済みテンプレート