2018年08月24日号

獣医さんお仕事体験、牛肉の話、乳搾り体験…

世界牛病学会2018札幌…市民公開プログラム 9月1日、コンベンションC

 世界中の獣医師や酪農家などが集まって、牛の病気についての学術会議「第30回世界牛病学会2018札幌」が開催されるのを機会に、小学生を対象にする獣医師の仕事体験や牛肉の話、大人向けの食のワークショップや乳搾り体験などを行う「市民公開プログラム」が9月1日(土)午前10時~午後3時30分、、札幌コンベンションセンター(白石区東札幌6条1丁目1、地下鉄東札幌駅8分)で開かれる。参加無料。定員は申し込み先着各30人。申し込みは札幌コンベンションセンター・ホームページより。


 小学生向けの主なプログラムは▽「獣医さんお仕事体験(保護者同伴の小学生対象)」と「焼き肉屋さんの牛肉のお話」(午前の部…10時~11時30分/午後の部…14時~15時30分)――。


 大人対象は▽酪農家を講師に迎える「北海道酪農と食のワークショップ」や「乳搾り疑似体験」(お昼の部…11時30分~13時30分)ほか――。


 会場では「家畜写真家AKAPPLE(あかっぷる)北海道の牛写真展」も同時開催される。


 主催は「第30回世界牛病学会2018札幌」組織委員会と札幌コンベンションセンター。


 問い合わせ/学会運営事務局【TEL】272―2151。


浴衣 福袋

トラックバックURL:

« 特養青葉のまちで「まちの感謝祭」 | TOP | 風間杜夫ひとり芝居「ピース」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート