2018年08月24日号

「それって物忘れ?それとも認知症?」

新札幌豊和会病院の医療講座 8月29日、大谷地

 高齢化が進む中で認知症はごく一般的な病気となってきています。認知症の原因や症状を理解することで、予防や早期発見・早期対応がその後の進行を防ぎます。また正しい知識を身につけることによりご本人だけではなくご家族や周りの方が気づくことも大切なことです(案内より)――新札幌豊和会病院の第41回医療公開講座「認知症について~それって物忘れ?それとも認知症?~」が8月29日(水)午後3時30分~4時30分、新札幌豊和会病院地下職員会議室(大谷地東2丁目5番、地下鉄大谷地駅4番出口すぐ)で開かれる。参加費は無料。当日直接会場へ。


 講師は新札幌豊和会病院の武田かおり看護部長。


 問い合わせ/新札幌豊和会病院【TEL】893―7000。


家あげ花火

トラックバックURL:

« 市民に支持され、市民が支える司法を目指して | TOP | “高齢者の住宅”と“いびき”テーマに »

[PR]SEO対策済みテンプレート