2018年08月31日号

「十五夜お供え・お飾りづくり」

昔ながらの十五夜の習わし… 9月23日~24日、開拓の村

 ススキやほおずきを採ってお飾りを作ったり、薪ストーブでお月見団子(だんご)を蒸(ふ)かしたり…昔ながらの十五夜の習わしを体験することができる、北海道開拓の村の年中行事「十五夜 お供え・お飾りづくり」が9月23日(日・祝)と24日(月・休)①午前10時~昼12時②午後2時~4時の計4回、開拓の村(厚別町小野幌50―1)で行われる。小学生の子供がいる家族が対象で、参加費は入村料のみ(一般800円、中学生以下と65歳以上無料)。申し込みは電話で(各回定員10組)。


 お月見団子やススキなどの飾りを、村の建物の縁側にお供えする。最後には十五夜に関する昔ばなしも…。


 申し込み・問い合わせ/北海道開拓の村【TEL】898―2692。


perfume CD

トラックバックURL:

« 北海道難病連が「呼吸リハビリ教室」 | TOP | 劇団文学座「再びこの地を踏まず」上演 »

[PR]SEO対策済みテンプレート