2018年08月31日号

第3回「あの頃のページ 記念朗読会」

北海道の忘れられない災害や生活に関わる文学作品… 9月5日、渡辺淳一文学館

 北海道の、忘れられない災害や事件・話題を取り上げた文学作品を朗読する、北海道150年記念シリーズ朗読会「あの頃のページ 記念朗読会」の第3回が9月5日(水)午後1時~2時30分、渡辺淳一文学館(南12西6、中島公園の西ほとり)で開かれる。チケット1000円。定員80人。チケットは同文学館、大丸プレイガイド。


 プログラムは…①大正末期から昭和の初め、北海道の発電所で働く父のもとで育つ2人の姉妹の物語で、映画化もされた畔柳二美(くろやなぎふみ)作「姉妹」(朗読・関口淳子さん)②明治中期、北海道の開拓に携わった人々を描いた辻村もと子作「馬追原野(まおいげんや)」(朗読・鈴木瑠以子さん)――。


 問い合わせ/(主催)ドラマチックリーディンググループ「蔵」・関口さん【TEL】090―8277―9366。


東方神起 CD

トラックバックURL:

« ミニ講座「緩和ケアについてもっと知ろう」 | TOP

[PR]SEO対策済みテンプレート