2018年09月07日号

歴史講座「北蝦夷地ウショロ場所物語」

樺太のアイヌ支配をめぐる日本とロシアの争いについて… 9月9日、北海道博物館講堂

 1860年代の北蝦夷地(サハリン・樺太)西海岸ウショロ場所のアイヌ支配をめぐる日本とロシアの争いについて、史料に基づいてお話しする歴史講座です。越前大野藩の管理下で起きた「トコンベ一件」と呼ばれるこの事件の真相について、ウショロ場所アイヌの交易帳簿の分析も交えながら考えてみます(案内より)……北海道博物館の歴史講座「北蝦夷地ウショロ場所物語」が9月9日(日)午後1時30分~3時30分、同博物館・講堂(厚別区厚別町小野幌53―2、JR森林公園駅20分)で行われる。参加無料。対象は中学生以上(大人向け)で、定員は申し込み先着80人。


 講師は中・近世の歴史を研究する同博物館の東俊佑(あずましゅんすけ)氏。


 申し込み・問い合わせ/北海道博物館【TEL】898―0500。


飲むコラーゲン

トラックバックURL:

« 江別女声コーラス「40周年記念演奏会」 | TOP | 江別市セラミックアートセンターロビーコンサート「琴彩音(ことあやね)しおん会~秋の夜空に願いをこめて~」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート