2018年09月14日号

天災のその後に


 ゴゴゴゴゴッとでも言えばいいのか、身体の芯に響くような不気味な地鳴りがして目覚めた途端、ドドドッと突き上げるような激しい揺れに襲われた。家がつぶれるかも知れないな…とぼんやり思って、布団の中で逃げることを考えたが、動かないうちに揺れがおさまった。


 電気をつけて起きてみると、棚からいろいろ落ちて散らばっているが、倒れた家具はない。テレビをつけたら、地震の速報が始まっている。9月6日木曜日、午前3時8分。安平(あびら)町で震度6強、北区や江別で5強…などと報じたが、数分後、突然照明もテレビも消えて闇の底に沈んだ…。遠くから襲い来る感覚の地鳴りと揺れは、追いかけるようにまた幾度か繰り返す。手探りの暁闇(ぎょうあん)の中、その恐怖と不安…。


 連夜の天災だった。前の夜に、台風21号の通過で道内では屋根が吹き飛んだり倒木ほかのさまざまな被害が発生し、電車も多くが運休した。台風一過のその夜も竜巻注意報が出される不安定な気象状況。稲妻が縦横に走る不気味な夜空が忘れられない。その早朝の大地震だった。そして、住宅も病院も工場も全道すべてが停電した。電車も地下鉄も、すべての信号が消えたためバスなどもすべて止まった。電話も止まった。いたる所で断水したり、ガスが止まった。停電によって社会機能のほとんどが停止したのである。近代化されたと思い込んでいた生活基盤は、なぜか思ってもみない脆弱(ぜいじゃく)さだった。「これが冬だったら大変なことになる」誰でもそう考えて、背筋を寒くしただろう。


 その朝、事務所に車で走りながら、驚いたことがある。信号機がついていない中、みな譲り合いながら整然と走っていてクラクションひとつ聞こえなかったことだ。「日本人ってすごいな」と少しほっとする気持ちになった。


ウォークマン Xシリーズ

トラックバックURL:

« 若い勇気で… | TOP

[PR]SEO対策済みテンプレート