2018年10月05日号

「子どもとSNS…」&「子どもの貧困…」

「ふるさと江別塾」2018開講…第1回は北翔大の講座 10月13日、北翔大723教室

 江別市と大学の連携で毎年開催されている江別市民カレッジ2018「ふるさと江別塾」が開講。第1回・北翔大学(10月13日)、第2回・酪農学園大学(10月20日)、第3回・札幌学院大学(10月27日)、第4回・北海道情報大学(11月3日)――のいずれも土曜日午前中、市内4大学において、それぞれのテーマで2つずつの講座が行われる。受講料は無料。定員は各講座申し込み先着100人。各講座とも単発での受講が可能。


 第1回は北翔大学・7号棟2階723教室(江別市文京台23番地、JR大麻駅南口15分)で次の2講座が行われる。【講義1「子どもとSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の関係を考える」】(午前9時30分~)=心理カウンセリング学科・飯田昭人准教授【講義2「子どもの貧困を考える~貧困は社会の問題~】(午前11時10分~)=講師同――。


 申し込み・問い合わせ/江別市教育委員会・生涯学習課【TEL】381―1062。


嵐 CD

トラックバックURL:

« みんなおいでよ!「江別“世界市民”の集い」 | TOP | 「笑と健康のステキな関係」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート