2018年10月05日号

特別相談「儲け話トラブル110番」

消費生活センターと弁護士会共同で…電話&面談 10月13日、10時から

 北海道立消費生活センターと札幌弁護士会共同の特別相談「儲け話トラブル110番~投資・ネットビジネス・仮想通貨等~」が10月13日(土)午前10時~午後3時、特設電話番号(【TEL】207―5060)を設けて行われる。電話相談は無料(通話料は相談者の負担)。当日面談での相談を希望する場合は事前予約が必要となる。


 投資・ネットビジネス・仮想通貨などの儲け話に関するトラブルについて、北海道立消費生活センターの相談員と札幌弁護士会の弁護士が一緒に話を聞く。


 相談事例は


 ①SNSで紹介され「無料でアプリをダウンロードするだけで、最低月30万円分の仮想通貨がもらえる」というプロジェクトに登録した。プログラム入りの高額なタブレットを買ったがさらに、自分でも10万円の仮想通貨を買わなければ参加できないと分かった。話が違いだまされてしまった。


 ②SNSの広告に「ブログの代理投稿で、週給50万円以上、月給300万円以上稼げる」と出ており、高収入だと思いネットで1万円で登録した。ブログの作り方の情報が送られてきた後、事業者から「稼ぐためには最低90万円のコース契約が必要だが、すぐ元をとれる」と言われ契約した。しかし、話が違い全く稼げず全額返金保証もされない。


 ③オーナーとして出資すると配当金が受け取れるとDMが届き、数年前から7、8回契約をした。今までは償還されていたが、入金が遅れるとの通知書が届くようになり、連絡も取れなくなった。どうしたらいいか――。


 また、当日は胆振東部地震に関わり、保険が使えると勧誘する住宅修繕のトラブルや不審な義援金などを求める訪問販売といった地震関連の相談も受け付けるという。


 面談の事前予約の申し込み・問い合わせ/道立消費生活センター相談支援グループ【TEL】221―0110、【Fax】221―4210。


エコポイント対象 エアコン

トラックバックURL:

« 農業・農村体験フェスタin赤れんが | TOP

[PR]SEO対策済みテンプレート