2018年10月05日号

「アイヌ文化と森~人々と森の関わり~」

北海学園大…人文学の挑戦 10月7日、紀伊國屋札幌

 今年3月に発刊された「アイヌ文化と森」(風土デザイン研究所)の3人の著者が講師となって、それぞれ〈道具の利用と森〉(北海学園大客員研究員・出利葉浩司氏)、〈さまざまな植物と人びと〉(文化庁アイヌ文化振興調査官・内田祐一氏)、〈千島列島の人びとと木の利用について〉(同大人文学部教授・手塚薫氏)――など、アイヌ民族と“森”との関係を幅広い視点から話す北海学園大学の公開講座、第17回人文学の挑戦「アイヌ文化と森―人々と森の関わり―」が10月7日(日)午後3時~4時30分、紀伊國屋書店札幌本店・インナーガーデンで開かれる。参加無料。当日直接会場へ。


 講座では、2020年の開館をめざして白老に建設中のアイヌ民族博物館の準備状況についても、国立博物館設立準備室の内田祐一調査官が紹介するという。


 問い合わせ/紀伊國屋書店札幌本店【TEL】231―2131。


ORANGE RANGE CD

トラックバックURL:

« 第44回仁木町うまいもんじゃ祭り「秋の大収穫祭」 | TOP | 第56回あっけし牡蠣まつり »

[PR]SEO対策済みテンプレート