2018年10月19日号

野幌太々神楽伝承会発表会「野幌の舞」

オカリナ演奏や抽選会も 10月21日、野幌公民館

 江別市野幌太々神楽(だいだいかぐら)伝承会の第18回発表会「野幌の舞」が10月21日(日)午後1時30分~3時30分、野幌公民館ホール(野幌町13―6)で行われる。入場無料。


 野幌太々神楽伝承会は、天照大神(あまてらすおおみかみ)の天岩戸説話にある儀式に由来する「宮清(みやきよめ)」、鈴の音色が印象的な優雅な子供の舞「稚児(ちご)舞」のほか、神様に花を献上する「花献(かけん)」、朱雀(すざく)、青龍、玄武、白虎の四神が東西南北の守りを固め、経津主命(ふつつしのみこと)が、国々の悪い神々を平定するというあらすじの「悪魔祓」と「四神剣」を披露。このほか、餅まきや、お米や野菜が当たる抽選会も行われる。


 野幌太々神楽は東西野幌地区の開拓に入植した北越殖民社の人々の故郷、新潟県中越地方の神楽の伝統を受け継ぐもので、昭和48年に江別市無形民俗文化財に指定された。


 江別市野幌太々神楽伝承会のほか、江別市野幌太々神楽保存会、オカリナ奏者の椎名春奈さんが賛助出演する。


 問い合わせ/伝承会事務局・小笠原さん【TEL】381―9373。


MIDIシーケンサー

トラックバックURL:

« 「エイベッツバンドカーニバル」 | TOP | 「野幌森林公園の晩秋の森観察会」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート