2018年10月26日号

「…金メダルをとるために」

北京五輪ソフトボール日本代表監督・齋藤春香氏迎え清田区が講演会 11月11日、清田区民C

 北京オリンピックソフトボール日本代表監督の齋藤春香氏を講師に迎える、清田区スポーツ講演会「オリンピックで金メダルをとるために」が11月11日(日)午後2時~4時、清田区民センター1階区民ホール(清田区清田1条2丁目5―35、中央バス清田区役所前12分)で開かれる。参加費は無料。定員は申し込み先着300人。清田区スポーツネットと清田区役所の主催。


 齋藤氏は1970年、青森県弘前市出身。中学からソフトボールを始め、オリンピック1996年アトランタ大会、2000年シドニー大会(銀メダル)、2004年アテネ大会(銅メダル)と3大会連続出場。指導者としても、日立ソフトウェア女子ソフトボール部のコーチや監督を務め、日本リーグや国体で優勝。日本代表監督として指揮した2008年北京大会では、日本を悲願の金メダルに導いた。


 現在、弘前市職員として勤務するかたわら、日本ソフトボール協会理事、リーグ委員長、アスリート委員長を兼任。2017年6月から日本オリンピック委員会理事に就任した。


 講演では、「日本代表監督の役割、北京オリンピックで金メダルをとれた秘訣」、「チームづくりとは~選手、監督それぞれの視点から」、「東京オリンピックのみどころ」などと質疑応答を予定しているという。


 申し込み・問い合わせ/清田区地域振興課【TEL】889―2024。


Zoom ハンディレコーダー

トラックバックURL:

« 裁判所の市民講座「少年事件」 | TOP | 歴史と暮らしの実像「屯田兵屋3つの謎」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート