2018年10月26日号

3企業人が講演「江別の文化・歴史を語る」

北翔大・文殊の知恵袋講座…江別製粉、菊水、町村農場 11月11日、野幌公民館

 江別をよく知る人を講師に招き、その歴史や暮らしをテーマに貴重な話を披露してもらう、北翔大学の教養講座・人が集えば文殊の知恵袋講座10周年記念講座は、江別製粉㈱の安孫子建雄代表取締役会長、㈱菊水の杉野邦彦代表取締役社長、㈱町村農場の町村均代表取締役の3氏を講師に招き、「江別の文化・歴史を語る!つなぐ!語り部の記録2018」のタイトルで11月11日(日)午後1時~5時、野幌公民館研修室3号・4号(野幌町13―6、JR野幌駅8分)を会場に開催される。参加500円(当日)。定員は申し込み先着50人。


 講座のスケジュールは次の通り。▽13時10分~講話1「なぜこの地で起業したか」…安孫子建雄氏(江別製粉㈱代表取締役会長)▽14時15分~講話2「ラーメンと菊水と江別小麦」…杉野邦彦氏(㈱菊水代表取締役社長)▽15時25分~講話3「町村農場の100年を語る」…町村均氏(㈱町村農場代表取締役)――。コーディネーターは佐々木孝一氏(元江別市情報図書館館長)。司会は北翔大学短期大学部・田口智子教授(江別創造舎代表)。主催は江別創造舎。


 申し込み・問い合わせ/北翔大学地域連携センター【TEL】387―3939。


おせち

トラックバックURL:

« 歴史と暮らしの実像「屯田兵屋3つの謎」 | TOP | わら細工講習会「ぞうり」と「わらじ」づくり »

[PR]SEO対策済みテンプレート