2018年10月26日号

第2回「野幌シカセミナー」

エゾシカを通してみた北海道の現在・過去・未来 11月10日、自然ふれあい交流館

 野幌シカセミナーの第2回「エゾシカを通してみた北海道の現在・過去・未来」が11月10日(土)午後1時~3時、自然ふれあい交流館(西野幌685―1、野幌森林公園・大沢口/文京台奥)で開かれる。参加費は無料。定員は申し込み先着40人。


 講師は、北海道立総合研究機関環境科学研究センターの研究主幹・宇野裕之氏。野幌森林公園をはじめ、札幌周辺でもよく姿を見かけるようになった「エゾシカ」。エゾシカがたどってきたこれまでの歴史と、現在、そして未来について講演するという。


 セミナーは、石狩振興局環境生活課と交流館の共催で開かれている全4回のシリーズ。


 申し込み・問い合わせ/自然ふれあい交流館【TEL】386―5832。


perfume CD

トラックバックURL:

« 「現代社会のコミュニケーション」 | TOP | アイヌ文化体験講座「木彫り(鎖彫りの箸)」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート