2018年10月26日号

「マレウレウ」出演アイヌ音楽ライブ

北海道博物館「文化の日」特別ミュージアムコンサート 11月3日、博物館記念ホール

 アイヌ民族の伝統的な歌・舞踊を忠実に再現し、伝承している女性ボーカルグループMAREWREW(マレウレウ)がさまざまな曲を演じる、北海道博物館の文化の日特別イベント・ミュージアムコンサート「アイヌ音楽ライブ」が11月3日(土・祝)昼12時~午後1時、同博物館・記念ホール(厚別区厚別町小野幌53―2、JR森林公園駅20分)で開かれる。入場無料。定員は会場先着100人。当日直接会場へ。


 「MAREWREW」(マレウレウ…アイヌ語で蝶のこと)は、アイヌの伝統歌「ウポポ」の再生と伝承をテーマに活動する女性ボーカルグループ。ウポポを忠実に再現する貴重なアーティストで、2011年に自主公演企画「マレウレウ祭り~目指せ100万人のウポポ大合唱!~」をスタートさせ、多彩なアーティストを迎えた公演が話題に。テレビ出演や、ヨーロッパ公演など、国内外で活躍。現代的なアレンジを織り込みつつも伝統的なウポポの魅力を凝縮した作品は、各方面で高い評価を受けているという。


 問い合わせ/北海道博物館【TEL】898―0466。


キッズ・ベビー・マタニティ

トラックバックURL:

« 講演会「好太郎の夢」 | TOP | 江別・長生民謡会「お楽しみ発表会」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート