2018年10月26日号

「協調行動の創発…」&「反ユダヤ主義…」

「ふるさと江別塾」…第4回は北海道情報大学の講座 11月3日、情報大2号館

 江別市と大学の連携で毎年開催されている江別市民カレッジ2018「ふるさと江別塾」の最終日となる第4回は北海道情報大学・校舎棟2号館211教室(江別市西野幌59番2、JR野幌駅JRバス野幌運動公園行約5分)を会場に、11月3日(土・祝)午前9時30分~昼12時40分、2つの講座が行われる。受講料は無料。定員は申し込み先着100人。


 講座は…


 【講義1「協調行動の創発―ゲーム理論的考察―」】(午前9時30分~11時)=人間界、動物界において協調行動が普遍的に見られ、協調の発現は分野横断的に魅力的研究テーマである。特にゲーム理論的考察では、合理的プレーヤーは協調しないという結論が導かれる。しかし、様々な手法を用いて協調行動の発現を実現しようと多くの試みがなされている。今回の講義では、それらのトピックスをかいつまんで解説…。講師…経営情報学部システム情報学科・豊田規人教授


 【講義2「反ユダヤ主義について」】(11時10分~12時40分)=D・L・ウルフの「『アンネ・フランク』を超えて」(岩波書店)を共訳したが、これは主として第二次世界大戦中のオランダにおける反ユダヤ主義の実態を扱ったものである。現在も完全になくなったわけではない「反ユダヤ主義」を古代から中世、現代に至る大きな歴史的流れの中で解説する。講師…経営情報学部システム情報学科・梅津真教授――。


 申し込み・問い合わせ/江別市教育委員会・生涯学習課【TEL】381―1062。


家あげ花火

トラックバックURL:

« 江別・長生民謡会「お楽しみ発表会」 | TOP

[PR]SEO対策済みテンプレート