2018年11月16日号

「9条に自衛隊が明記されるとどうなるか」

厚別区9条の会が講演・学習会 11月17日、厚別区民C

 安倍首相は今国会で条文案を掲示し、改憲を進めようとしています。そんな今だからこそ、憲法について一緒に考えてみませんか(案内より)――厚別区9条の会が主催する、憲法講演・学習会「9条に自衛隊が明記されるとどうなるか―オスプレイ・基地問題・地位協定を中心に―」が11月17日(土)午後2時~4時、厚別区民センター2階視聴覚室(厚別区役所併設)で開かれる。参加費は資料代として200円。当日直接会場へ。


 講師は、北海道平和委員会代表理事の内山博氏。道内の基地問題に精通しているという内山氏が「今、北海道の基地はどのように変容しているのか?」などにも触れながら話をする。講演後は、参加者で意見を出し合いながら、交流するという。


 問い合わせ/厚別区9条の会事務局・原田さん【TEL】898―1877。


Zoom ハンディレコーダー

トラックバックURL:

« 全国糖尿病週間の「特別講演会」 | TOP | さっぽろ閑話「大下水の発達」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート