2018年11月23日号

朗読の集い「災害を越えて」

公開講座…朗読とピアノで紡ぐ民話の世界 12月1日、札幌国際大学

 札幌国際大学心理相談研究所公開講座・第8回朗読の集い「災害を越えて~朗読とピアノで紡ぐ民話の世界から」が12月1日(土)午後1時30分~4時30分、札幌国際大学・総合情報館地下シアター(清田区清田4条1丁目)で開かれる。参加費無料。申し込みは11月28日(水)まで。


 朗読は、元札幌テレビ放送(STV)アナウンサーで、話し方教室を主宰する山口成子さん(オフィススウィング代表)、ピアノは札幌国際大教授の須藤宏志さん。朗読作品は、“津波”がテーマで東日本大震災後再び注目されるようになった、小泉八雲「仏の畑の落穂―生神」と柳田国男「遠野物語―99話」、美智子皇后の講演で取り上げられた、新美南吉の創作童話「でんでんむしのかなしみ」――。


 申し込み・問い合わせ/札幌国際大学心理相談研究所【TEL】881―6480。


トラックバックURL:

« 胆振東部地震の発生メカニズムと多発崩壊 | TOP | 「緩和ケアを知ろう、語ろう」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート