2018年11月23日号

もみじ台生き活き塾「脳活 柿沼塾」

柿沼英樹さん“塾長”に…認知機能低下予防トレーニング 11月30日、もみじ台管理C

 認知機能の低下予防には栄養・睡眠・運動が必要と言われています。簡単な計算や書き取り、クイズやパズルで知的好奇心を刺激し、脳の活性化を基に認知機能の低下を防ぐトレーニングを一緒にしませんか?(案内より)――もみじ台管理センター主催の心と体と頭を元気にする連続講座“もみじ台生き活き塾”の第10回「脳活 柿沼塾」が11月30日(金)午後1時~3時、同センター・2階大ホール(もみじ台北7丁目、ホクノースーパー隣接)で開かれる。参加費は300円。定員は50人。申し込みは11月28日(水)まで。


 当日の講師となる“塾長”は、社会福祉士、ケアマネージャー、遺品整理士などの資格を持つ、認定NPO法人シーズネット生活支援担当部長の柿沼英樹さん。筆記用具と、軽く体を動かす内容もあるので、タオル、飲み物の持参を。


 申し込み・問い合わせ/もみじ台管理センター【TEL】897―7431。


オンキョー アンプシステム

トラックバックURL:

« 「仮想通貨のトラブルに遭わないために」 | TOP | 「始めてみませんか?エシカル消費」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート