2018年11月30日号

厚別警察署の管内で特殊詐欺予兆電話が多発

家族や警察に相談を

 厚別警察署の管内で、厚別警察署の警察官や金融機関をかたる電話、「医療費還付金があります」などとする、特殊詐欺の予兆電話が多発しているという。電話のほかに、「訴訟を起こします」といった内容のはがきが自宅に届いたり、「未納料金があります」というメールを送り付けるのも特殊詐欺の手口。厚別警察署では、「このような電話やはがきはすべて詐欺。相手にせず、家族や警察署に相談を」と呼びかけている。


 特殊詐欺を見破るキーワードは


 ▽息子や孫を名乗る人から…「のどにポリープができた」、「カバンを無くした」、「女の人を妊娠させた」。

 ▽役所職員などを名乗る人から(還付金詐欺)…「保険料の還付があります」、「手続きは今日中に」、「携帯電話を持ってATMへ」。


 ▽会社を名乗るメールがきて(架空請求詐欺)…「サイトの未納料金があります」、「法的手続きに移行します」、「電子マネーで支払ってください」――などだという。


のだめ CD

トラックバックURL:

« オーンズスキー場11月23日オープン | TOP | 「中島公園・都会の野鳥観察会」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート