2018年11月30日号

「作曲家・万城目正と江別」

北翔大教養講座…元情報図書館館長・佐々木孝一氏迎え 12月11日、北翔大543教室

 「リンゴの唄」や「悲しき口笛」などを作曲した万城目正は、幕別町生まれですが、小学校時代の2年間を江別で過ごしました。親の都合で道内を転々とした彼にとって、江別は知己の多い、心に残る土地でした。後年、映画音楽や歌謡曲の世界で大成します。没後五十年を経て、ヒット曲を音源で辿ります。また、人となりや精神形成に大きな影響を与えた、母「ふじほ」についても紹介します(案内より)……


 講師に元江別市情報図書館館長の佐々木孝一氏を迎える、北翔大学の教養講座、人が集えば文殊の知恵袋講座「作曲家・万城目正と江別」が12月11日(火)午後1時10分~2時40分、北翔大学・543教室(江別市文京台23、JR大麻駅南口15分)で行われる。参加無料。定員は30人。


 申し込み・問い合わせ/北翔大学・地域連携センター【TEL】387―3939。


microSDHC 32GB

トラックバックURL:

« 自閉症協会・札幌ポプラ会が子育て講座 | TOP | 「川越守メモリアルコンサート―肖像―」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート