2018年11月30日号

「北海道ゆかりの文学を読む」朗読会その2

NHK文化センター朗読教室・松井信子クラスの主催で 12月9日、赤れんが庁舎

 「北海道にゆかりの文学」をと毎年開催している、NHK文化センター朗読教室・松井信子クラス主催の「北海道ゆかりの文学を読む」20周年記念朗読会~その2~が12月9日(日)午後1時30分~3時30分、北海道庁赤れんが庁舎・2階1号会議室(北3西6)で開かれる。入場無料。当日直接会場へ。


 朗読予定作品は▽金田一京助「ユーカラの人々」より(知里君をしのぶ~人とその学績、知里幸恵の日記)▽知里真志保「アイヌ民譚集」=みんだんしゅう=より(後記)▽知里幸恵「アイヌ神謡集」(序)▽吉村昭「ひとり旅」より(撃沈・雪の海に漂う兵たち)▽三浦綾子「泥流地帯」(抜粋)▽木田文子「ぼたんの季節に思うこと」▽八木義徳「漁夫画家」――。


 問い合わせ/松井信子クラス・庄司さん【TEL】090―8706―6378。


SMAP CD

トラックバックURL:

« 江別の生ごみ資源化を考える会が講演会 | TOP | 講演と演奏会「ボクから君へのメッセージ」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート