2018年11月30日号

講演と演奏会「ボクから君へのメッセージ」

病気と闘う子供を支援するおとなりスマイル主催公演 12月9日、中央区

 小児がんをはじめとする、長期の闘病生活を余儀なくされている子供たちにクリスマスカードを贈る活動などをしている市民有志の団体・おとなりスマイルが主催する、講演会と演奏会「ボクから君へのメッセージ2018」が12月9日(日)午後1時30分~3時、札幌プリンスホテル国際館パミール・6階「日高の間」(南2西11、地下鉄西11丁目駅2番出口3分)で開かれる。料金は前売り1000円、当日1500円。小学生未満無料。チケットの収益はすべて病気と闘う子供たちへのプレゼント代となる。


 当日は


 ▽第1部・めでぃかるトーク「ボクたちも勉強がしたい―小児がん患者の治療と教育の問題」…講師は、札幌北楡病院小児思春期科部長の小林良二さん=白血病を代表とする小児がんの治療成績は近年目覚ましく向上しています。それにともない生活の質を上げる努力として院内学級や訪問学級などの措置がとられていますが、義務教育ではない高校生の教育支援に関しては自治体により格差があり、残念ながら北海道・札幌市は皆無に等しいのが現実です。このような状況を事例を挙げて概説。


 ▽第2部「スマイルコンサート」…演奏はチェンバロの明楽みゆきさん=一度は聞き覚えのあるクラシックから子共たちにも人気のアニメソング、心はずむクリスマスソングを、歴史あるチェンバロの音色にのせて――。


 問い合わせ/同実行委員会事務局(しえん計画内)【TEL】743―4477。


穴あきレギンス

トラックバックURL:

« 「北海道ゆかりの文学を読む」朗読会その2 | TOP | 「思考と言葉をめぐって」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート