2018年11月30日号

ジョン・レノン追悼コンサート

小野有五さんが主催者代表…「今こそ平和にチャンスを」 12月8日、中央区

 ジョン・レノン夫人のオノ・ヨーコさんの従弟(いとこ)で、北海道大学名誉教授の小野有五さんが主催者代表を務める「GIVE PEACE A CHANCE! ジョン・レノン追悼コンサート2018~今こそ平和にチャンスを!~」がジョン・レノンの命日に当たる12月8日(土)昼夜2回、パーティーハウス・フィエスタ(南3西1―3マルビル2階)で開かれる。午後2時~3時30分の第1部は、家族や子供たちのためのコンサートで、料金は大人前売1500円(当日2000円)、学生1000円、小学生500円、未就学児童無料。午後7時~9時15分の第2部は、大人のためのコンサートで、料金はワンドリンク付きで前売3000円(当日3500円)。チケット取り扱いは大丸プレイガイドなど。


 コンサートではビートルズや、ソロになってからのジョン・レノンの楽曲が多数演奏されるという。第1部の出演は子供たちのダンスチーム「マックアート・ハウス・キッズ」、アイヌのグループ「ユニット木の芽」、「KVSジュニア・ジャズ・クワイア」、「ザ・ケン・ヤハラ・ロックンロールバンド」、ジャズシンガー「ミズホ」。子供たちによるビートルズの「ゲット・バック」のパフォーマンスなども行われる。授乳スペースも用意されている。


 第2部の出演は小野有五さん、「タック・ハーシー・バンド」、ダンスパフォーマンスチーム「花魁(おいらん)オハナ」ほか。1、2部で司会を務めるタック・ハーシーさんと小野有五さんとのトークセッションもある。


 小野有五さんはコンサート案内に「大地震や台風といった自然の猛威もですが、平和を脅かす動きがさらに加速してきたように感じます。今こそ“Give Peace A Chance!”というメッセージを、一人でも多くの人に、ジョンの音楽を通じて伝えたい。一人一人がどんな時でも、しずかな心で、他の人に向き合えますように!」との思いを寄せている。


 問い合わせ/ハウス・オブ・ジャズ【TEL】611―9037。


MP3プレーヤー

トラックバックURL:

« 朗読劇「いのちをいただく」を上演 | TOP | 「第46回まちかどコンサート」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート