2018年12月07日号

札幌軟石と北海道遺産テーマに

北翔大学・北方圏学術情報センターがシンポジウム 12月9日、中央区

 北海道遺産の第3次選定で“札幌軟石”が選ばれたことを記念した、北翔大学北方圏学術情報センター主催のシンポジウム「いま、北海道遺産を再見する―『札幌軟石』北海道遺産選定記念―」が12月9日(日)午後1時~5時、ポルト・5階会議室A(北翔大学北方圏学術情報センター/南1西22)で開かれる。参加費は無料。当日直接会場へ。札幌建築鑑賞会の協力。


 当日予定されている内容は


 〈第1部〉「これまでの北海道遺産」
 ▽「全体進行・主旨説明」…北翔大学の水野信太郎教授。
 ▽「北海道遺産の今日」…北翔大学短期大学部の菊地達夫教授。
 ▽「江別のれんが全貌(ぜんぼう)」…N43赤煉瓦塾の石垣秀人事務局長。


 〈第2部〉「あらたなる北海道遺産」
 ▽「札幌軟石の過去・現在・未来」…札幌軟石ネットワーク事務局の佐藤俊義氏、札幌建築鑑賞会の杉浦正人代表。
 ▽「質疑・フリートーキング」…進行・北翔大学の水野信太郎教授――。


 問い合わせ/札幌建築鑑賞会・杉浦さん【TEL】090―8632―4362。


木村カエラ CD

トラックバックURL:

« 人形劇などを上演「こどもクリスマス会」 | TOP

[PR]SEO対策済みテンプレート