2018年12月14日号

「レスパイト入院をご存知ですか?」

豊和会病院が公開講座…介護者負担軽減を目指す仕組み 12月21日、15時30分から

 レスパイトとは、“一時休止”“休息”という意味です。レスパイト入院は、介護者の日々の疲れや予期せぬ入院、冠婚葬祭、旅行などの事情により、一時的に在宅介護が困難となる場合に期間を設けた入院の受け入れを行い、介護者の負担軽減(息抜き)を目指す仕組みです(案内より)――新札幌豊和会病院の第45回医療公開講座「レスパイト入院をご存知ですか?~介護でお悩みの皆様へ~」が12月21日(金)午後3時30分~4時30分、同病院・地下1階職員会議室(大谷地東2丁目5―12)で開かれる。参加費は無料。当日直接会場へ。


 講師は同病院の北川真吾病院長。同病院では今年9月から地域包括ケア病棟を開設しており、ケア病棟でレスパイト入院を受けている。


 問い合わせ/新札幌豊和会病院【TEL】893―7000。


B’z CD

トラックバックURL:

« 「むらのもちつき&クリスマス」 | TOP | 検査データの見方と食事のポイント »

[PR]SEO対策済みテンプレート