2019年01月25日号

HSP臨床医・長沼睦雄氏が特別講演会

「敏感すぎて生きづらい人のこころがラクになる…」の著者 2月3日、紀伊國屋書店札幌

 敏感すぎて生きづらいのは、HSP(とても敏感な人)気質だから…。でも、その生きづらさは変えられます。昨日よりも今日、そして明日にはもっとラクになる方法を、4つのステップと15のワークで紹介しています――1月10日発刊された「敏感すぎて生きづらい人のこころがラクになる方法」(永岡書店刊)の著者で、HSP臨床医の日本の第一人者といわれる長沼睦雄氏(十勝むつみクリニック院長)を招く「長沼睦雄先生 出版記念特別講演会」が2月3日(日)午後1時~3時、紀伊國屋書店札幌本店・1階インナーガーデン(北5西5、大丸百貨店西向かい)で開かれる。参加無料。当日直接会場へ。


 日頃から「敏感すぎて」困っている方、お悩みの方にお話を聞いて頂き、少しでもラクになる方法を見つけて下さる良い機会になればという思いを込めた講演会(案内より)…という。 HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)は、生まれつきの特性として高度な感覚処理感受性を持つ人のことで、大きな音、眩(まぶ)しい光・蛍光灯、強いニオイのような刺激に対して敏感であるという共通した特徴があるとされ、5人に1人はこの特性があるという解説もある。


 問い合わせ/紀伊國屋書店札幌本店【TEL】231―2131。


除毛 スプレー

トラックバックURL:

« 雪まつり協賛「ホワイトコンサート」 | TOP | 講演会「心が折れない」&「仕事との両立」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート