2019年01月25日号

講演会「心が折れない」&「仕事との両立」

「がんばらない介護」著者・橋中今日子さんを迎え、介護のヒント 2月3日、江別蔦屋書店

 この講演会では、「介護者メンタルケア協会」代表の橋中今日子が、理学療法士として医療現場で働きながら、認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟、家族3人をひとりで21年間介護してきた経験と、4年間でのべ800件以上寄せられた介護の悩みにこたえてきたからこそ見えてきた「介護で心が折れないヒント」「仕事と介護の両立のヒント」をお届けします(案内より)――「がんばらない介護」の著者・橋中今日子さんを迎える講演会①「介護で心が折れないヒント~自分も家族も笑顔になれる~」が2月3日(日)午前10時30分~昼12時、②「仕事と介護の両立のヒント~介護で自分の人生をあきらめない~」が同日午後2時~3時30分、それぞれ江別蔦屋書店(牧場町14―1)で開かれる。参加費は各講演500円。定員は各講演先着20人。申し込みは前日まで。どちらか1つでも両方でも参加可能だという。


 「介護…」では、介護保険の活用方法、家族や周りの人を味方につける方法、介護うつを防ぐための秘策などを語る。「仕事…」では、育児・介護休業の活用法、上司や同僚を味方につける方法、仕事と介護の両立をしている人の特徴などを話す。


 理学療法士で心理カウンセラー、メンタルコーチの橋中さんは23年前、大腸の多発がんの父をみとった後、認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟の3人をひとりで21年間介護。理学療法士として14年間病院で勤務した後、家族を介護する人、医療・介護従事者のメンタルケア・サポート活動を開始。企業や行政、働く人への「介護疲れの予防」「介護虐待の予防」「仕事と介護を両立するヒント」について情報を発信している。


 2月4日にはセルフケア講座 「ネガティブな感情を味方につけるセルフケア講座」が2月4日(月)①午前10時30分~昼12時②午後1時30分~3時③午後7時30分~9時、江別蔦屋書店で開かれる。参加費は1000円。定員は各先着6人。申し込みは前日まで。


 講師は橋中今日子さん。講座内容は「感情が生まれるメカニズム~ネガティブな感情のメリット」、「不快や不安をこう活かす~『解釈』を変えれば弱点が武器になる~」、「感情を味方につける3ステップ~不安を感じやすい人は、本番に強い~」―。


 いずれも申し込みは【Fax】(03―6893―3931)などで。


 問い合わせ/介護者メンタルケア協会 staff@kaigomental.com


生キャラメル

トラックバックURL:

« HSP臨床医・長沼睦雄氏が特別講演会 | TOP | 札幌放送局「NHKゆきんこフェスタ」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート