2019年01月25日号

医療公開講座「いびき・眠気に潜む危険」

睡眠時無呼吸症候群について 1月30日、新札幌豊和会病院

 睡眠時無呼吸症候群とは、文字通り睡眠中に呼吸が止まり、それによって日常の生活に様々な障害を引き起こす疾患です。この疾患を放置し続けると昼間の眠気や集中力の低下を招くだけでなく、居眠り運転による重大な交通事故や生命に関わる労働災害などに繋がりかねません。さらには、高血圧・脳梗塞(のうこうそく)・心筋梗塞・狭心症などの循環器疾患に関与しているとされます(案内より)――新札幌豊和会病院の第47回医療公開講座「いびき・眠気に潜む危険~睡眠時無呼吸症候群について~」が1月30日(水)午後3時30分~4時30分、新札幌豊和会病院・地下1階会議室(大谷地東2丁目5―12)で開かれる。参加費は無料。当日直接会場へ。


 講師は、新札幌豊和会病院の森和久理事長(医学博士)。


 問い合わせ/新札幌豊和会病院【TEL】893―7000。


神戸スイーツ

トラックバックURL:

« 「定山渓温泉雪灯路2019」 | TOP | 「~春の訪れ~フルートソロの楽しみ」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート