2019年02月01日号

「さっぽろヒグマフォーラム」

研究者集結!…札幌のヒグマ対策のこれからを考える 2月8日、札幌エルプラザ

 獣害対策を通して地域活性化の取り組みを実践している事例や札幌市内のヒグマの出没状況などについての講演や討論会を通じて、札幌市のヒグマ対策のこれからについて、市民の皆さんと一緒に考えます(案内より)――研究者が集まって講演や意見などを出し合う「さっぽろヒグマフォーラム・ヒグマ対策でまちおこし!?~サル対策から学ぶ、これからのヒグマ対策~」が2月8日(金)午後2時~5時10分、札幌エルプラザ・3階ホール(北8西3、JR札幌駅北口地下歩道12番出口横から建物の中まで直通)で開かれる。参加費は無料。申し込みは2月6日(水)まで。定員は先着300人。


 当日予定されているのは


 ▽基調講演「獣がい対策で地域を元気に!多様な担い手で創る人と野生動物の未来」…講師はNPO法人里地里山問題研究所の鈴木克哉代表理事


 ▽講演「札幌市のヒグマ出没状況と地域における課題」…講師はNPO法人EnVision(エンヴィジョン)環境保全事務所の早稲田宏一研究員、「地域主体でヒグマ侵入を未然に防除・構えず楽しく持続的に~石山地区における取り組み~」…講師は酪農学園大学野生動物生態学研究室の佐藤喜和教授、「安全はみんなでつくるもの・急がば回れのヒグマ対策」…講師は地方独立行政法人北海道立総合研究機構の近藤麻実研究主任


 ▽総合討論会「札幌市におけるヒグマ対策のこれからについて」―。


 申し込み・問い合わせ/札幌コールセンター【TEL】222―4894。


エヴァンゲリオン CD

トラックバックURL:

« 冬の野外巨大人形劇宮沢賢治「雪わたり」 | TOP | 地域健康教室「中高年の目の病気」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート