2019年02月01日号

講演とディスカッション「つくる。」

地域がPRすべき魅力とは…一橋大・関満博名誉教授招き 2月7日、はやし野幌店

 全国各地で行われている「シティプロモーション」。地域がPRすべき魅力とは何か、また、地域の魅力をどのように創造し、どのように維持するのか。今回は、地域振興に造詣の深い一橋大学名誉教授・関満博氏と、全国の「つくる」取組に携わる女性3名にお越しいただき、そのヒントを探ります(案内より)――江別シティプロモート推進協議会主催の地域の魅力PRセミナー「つくる。」が2月7日(木)午後3時~5時30分、セレモニーホールはやし野幌店(野幌町55―2)で開かれる。参加費は無料。事前申し込みを。


 当日予定されているのは▽「基調講演」…講師は一橋大学の関満博名誉教授(「ものづくり」を支える現場主義の経済学者)。▽「パネルディスカッション」…パネリストは日本橋梁工業㈱の菊地智美専務取締役(道路橋梁ジョイントで全国の物流を支える)、㈱小林家の小林千栄子代表取締役(酒蔵の裏面史を紡いだ女性たちを語り継ぐ)、MASAMI DESIGNの髙橋正実デザイナー・クリエイティブディレクター(教科書から東京スカイツリーまで、無から有を作り出すデザイナー)―。


 シティプロモーションとは、地域を持続的に発展させるために、地域の魅力を創出し、地域内外に効果的に訴求し、それにより、人材・物財・資金・情報などの資源を地域内部で活用可能としていくこと。


 申し込みは電話(【TEL】0123―25―3831)などでクリアデザインへ。


 問い合わせ/江別シティプロモート推進協議会/江別市企画政策部政策推進課【TEL】381―1033。


嵐 CD

トラックバックURL:

« 藻岩山スキー場「雪と虹のまつり」 | TOP

[PR]SEO対策済みテンプレート