2019年02月01日号

「音楽でたのしむオリンピック」

フィギュア小塚崇彦、スピード鈴木靖&レ・ポムポム出演 2月2日、道庁赤れんが

 バンクーバー五輪(2010年)男子フィギュアスケート8位入賞の小塚崇彦さんと、サラエボ五輪(1984年)男子500mスピードスケートに出場した鈴木靖さん、そして室内アンサンブルグループのレ・ポムポムを迎える、オリンピアントークセッション×コンサート「音楽でたのしむオリンピックin赤れんが~フィギュアスケート氷上の芸術~」が2月2日(土)午後2時から、道庁赤れんが庁舎・2階1号会議室で開かれる。イベントは約1時間30分を予定。参加費は無料。定員は110人。当日昼12時から、会場前で整理券を配布する。観覧希望者多数の場合は、入場できない場合もあるという。


 元オリンピック選手によるスポーツと文化にまつわるトークセッションとアンサンブルグループがオリンピックやスポーツに関係する曲を演奏するイベント。


 小塚さんは1989年愛知県生まれ。鈴木さんは1962年鵡川町(現むかわ町)生まれ。レ・ポムポムは2013年に結成した。


 問い合わせ/北海道文化振興課【TEL】204―5215。


家電・AV・カメラ

トラックバックURL:

« 「えべつスノーフェスティバル2019」 | TOP | 第56回おびひろ氷まつり »

[PR]SEO対策済みテンプレート