2019年02月08日号

「明治43年のハレー彗星接近騒動…」

放送大学学習センター講演会…理学博士・倉又秀一氏迎え 2月23日、北大構内

 放送大学北海道学習センターの講演会「明治43年のハレー彗星(すいせい)接近騒動と日本の観測」が2月23日(土)午後1時30分~3時、同センター・6階中講義室(北17西8、北海道大学構内)で開かれる。参加費は無料。定員は申し込み先着80人。


 講師は、放送大学青森学習センター所長で理学博士の倉又秀一氏(前弘前大学教授)。ハレー彗星の接近で「空気がなくなる」といわれた当時の騒動と、その時の天文学者、一戸(いちのへ)直蔵(津軽出身1878~1920年)、前原寅吉(八戸出身1872~1950年)の観測の話、ハレー彗星の運動についての物理の話もするという。


 申し込み・問い合わせ/放送大学北海道学習センター【TEL】736―6318。


あせも対策

トラックバックURL:

« 歴史講座「伊達市の歴史と亘理伊達家」 | TOP | スノーモービルや高所作業車乗車体験 »

[PR]SEO対策済みテンプレート