2019年02月22日号

「字幕付きプラネタリウム」

耳の不自由な人、星の名前を覚えたい人にもおすすめ 3月1日・2日、青少年科学館

 普段のプラネタリウムの解説に字幕が付く「字幕付きプラネタリウム」が3月1日(金)と2日(土)のそれぞれ午後2時~3時、青少年科学館・1階プラネタリウム(サンピアザ隣り)で行われる。料金は500円、中学生以下無料。(身体障害者手帳を持っている大人は360円、18歳未満は無料)。定員は各日200人。当日、午前9時30分から同科学館の観覧券売り場で観覧券を発券。


 プラネタリウムの番組は、プラネタリウムの化身ケイロンとサイエンジャーが宇宙を大冒険し、星の一生や宇宙の広がりなど宇宙の神秘に迫る「僕らもみんな宇宙人!?」(投影時間50分=番組20分、星空解説30分)。字幕付きプラネタリウムは、耳の不自由な人はもちろん、星の名前を覚えたいという人などにもおすすめだという。


 問い合わせ/青少年科学館【TEL】892―5004(天文係)。


ダイエットクッキー

トラックバックURL:

« 豊平館「春のレコード鑑賞会」 | TOP | 「人生を楽しむためのお金の話」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート