2019年02月22日号

スケルトン選手招いてトークショー

室工大テクノカフェ…マイナス196℃科学実験ショー& 2月24日、紀伊國屋札幌本店

 ものづくりをテーマとして、各界で活躍する人を招くトークショーと、子供たちも楽しめる科学実験ショー、パネル展などを行う「第27回室蘭工業大学テクノカフェ」が2月24日(日)午前10時30分~午後2時、紀伊國屋書店札幌本店・1階インナーガーデン(北5西5、大丸百貨店西向かい)で開かれている。参加無料。当日直接会場へ。


 科学実験ショー(10時30分~11時20分)は「極低温環境下(マイナス196℃)」で身近なモノはどのように変化するかを、来場する子供たちと体験。液体窒素やドライアイスを使い、花やバナナ、ゴムボール、シャボン玉などがどのようになるのかを観察する。


 トークショー(12時30分~14時)は「鐵(てつ)の街の技術で挑む スケルトン用国産ソリ開発~ソリ開発とカルガリー遠征~」。日本ではスケルトン競技用のソリは製造されていないが、室蘭工大と鉄の街・室蘭の技術をもって国産スケルトン用ソリを現在開発していることから、オリンピック競技、スケルトン選手を招き、バンクーバーで試走した話などを聞く予定。参加するのは、北海道ボブスレー・スケルトン連盟の佐高博之副理事長と、ソルトレークシティおよびトリノオリンピック代表の稲田勝選手(現ジュニアコーチ)、ソチオリンピック代表の笹原友希選手。聞き手は室蘭工業大学ものづくり基盤センター長、清水一道(かずみち)教授。


 問い合わせ/紀伊國屋書店札幌本店【TEL】231―2131。


あせも対策

トラックバックURL:

« 江別・どもⅣで「第11回江別の多喜二祭」 | TOP | 「たきの森フェス~WINTER~」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート