2019年03月08日号

「3・11に捧げる朗読とハープ」

札大熊谷ユリヤ研究室主催…ハープの調べにのせて詩&物語 3月11日、札幌エルプラザ

 東日本大震災8周年「3・11に捧げる朗読とハープ~祈りと癒しと希望のポエム&ストーリーをハープの調べにのせて」が3月11日(月)午後7時~8時30分、札幌エルプラザ・4階札幌市男女共同参画センター中研修室(北8西3、JR札幌駅北口・地下通路直結)で開かれる。入場無料。定員は申し込み先着70人。会場に任意の寄付ボックスを設置し、全額を「みちのく未来基金―震災遺児に進学の夢を!」に寄付する。主催は札幌大学熊谷ユリヤ研究室。


 出演は、詩人、翻訳/通訳者で札幌大学教授の熊谷ユリヤさん(朗読、トーク、ハープ弾き語り、翻訳)、北大大学院准教授のジェフリー・J・ゲーマンさん(朗読、トーク)、ハープ奏者の更科理恵さん(ハープ演奏)。ハープの曲は新井満「千の風になって」、「アニーローリー」ほか。ポエムとストーリーは、宮沢賢治「雨ニモマケズ」ほか。


 申し込み・問い合わせ/poetry.sapporo@gmail.com メールのできない人は【TEL】090―8707―2688(熊谷さん)。


加藤ミリヤ CD

トラックバックURL:

« 「わが谷は緑なりき」 | TOP

[PR]SEO対策済みテンプレート