2019年03月15日号

終活マイライフが「ペット信託セミナー」

ペットを最期まで面倒見る仕組み…行政書士を講師に 3月24日、中央区

 ペット信託という新しい仕組みをご存知でしょうか?今、飼い主さんの諸事情でご家族同然のペットを飼い続けることが難しいケースも出てきています。大切なペットを最期まで面倒をみるための仕組みです。案内より)――一般社団法人終活マイライフ主催の「ペット信託セミナー~ペットの未来を備える~」が3月24日(日)午後2時~4時、ビズシェア札幌(北1西3、ばらと北1条ビル9階)で開かれる。参加費は1000円。申し込みは前日まで。


 講師は、今井真由美氏(行政書士オフィスプライム・アイ代表)。「ペット信託」を専門とする行政書士でNPO法人HALAW(ホッカイドウ・アニマル・ロー)代表理事も務めている。


 ペット信託は、飼い主が自分の死後に備えて、ペットの飼育を任せられる人を定め、その人にペットの飼育費として残す財産を管理するための仕組み。日本司法書士会連合会の河合保弘理事が考案し、2013年に商標登録された。手続きは信託法に基づいて行われるという。


 申し込み・問い合わせ/一般社団法人終活マイライフ【TEL】600―2680。


SMAP CD

トラックバックURL:

« 「鎌倉時代に生きた『源氏物語』」 | TOP | 「大人が楽しむおはなし会」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート